フェイシャルフィットネスPAO実践5ヶ月目 サボりながらでも効果はある!

 

「目指せ!マイナス5歳」を目標にPAOを購入してから5ヵ月が経ちました。

PAOの使い方は初日の記事でご紹介したのでここでは省略し、5ヶ月でどれだけ変化があったか、5ヶ月使って感じた事などをレポしたいと思います。

⇒ PAOの使い方はこちらを参照ください。

最初の1週間は1番軽いミントグリーンでPAO

PAOには3種類の重さの違う「ウエイトバランス」(重り)があり、まずは一番軽いミントグリーンから使用します。

私はPAOの商品説明会でピンクを使って体験した時、ちょうど良い重さと感じましたが、一応取説に従いミントグリーンでスタート。

1週間使ってみたけどやっぱり手応えがないのでピンクに交換。

3ヶ月目に一度ピンクゴールドに替えてみましたが、口の周りにかなり負荷がかかり、ちょっと重すぎたのでピンクに戻しています。

ウエイトバランスは、5gずつ重くなっていますが、ピンクとピンクゴールドの壁は私にはちょっと高いようで、もう少し表情筋を鍛えてからでないと使えなさそう。

表情筋はかなり繊細な感じがするので、焦らずゆっくり鍛えた方が良いと思います。

PAOはブンブン振ってる時よりも外した時にじ~んと来る!

PAOはトレーニング中は効いてるのか効いてないのかよくわからない感覚ですが、口から外した時にじ~んと痺れたような感じがして、長くやりすぎると顎のあたりが疲れます。

慣れてくるとつい長くやってしまいがちですが、たくさんやれば早く効果が出るという事はなく、毎日コツコツやる方が筋肉を傷めず効率的に表情筋が鍛えられるようです。

歯が出てるとPAOは使えない?

PAOはマウスピースを口に加えて振ることで、振動が伝わり表情筋を鍛えてくれますが、激しく降ると歯で唇を傷つけたり、首を痛めてしまう可能性があるので、はずみをつけたらあとはPAOの動きにあわせてリズミカルに振るのが安全にうまく使うコツです。

また、前歯が出ていたり他の歯より大きいと、マウスピースに歯が当たりやすいため、コツを掴むまで少し時間がかかるかもしれません。

かくいう私も、前歯2本が他の歯よりも少し大きく少し苦労しましたが、唇をできるだけ突き出すようにして口を「お」の形にし、ほっぺたが少し窪むまでマウスピースを吸いながらくわえると歯が当たらずうまく振れます。

ピンクにしてから1週間ほどでなんだかスッキリ!?

ウエイトバランスをピンクに替えて1週間ほどで、口元がちょっとスッキリ!

でも、PAOが汚れるのがイヤで大切に箱に仕舞っていたため、毎回出して使うのが面倒くさくなり、気がつけば何日もサボってしいたのでまたもとに戻ってしまいました。_| ̄|○

なので、PAOをする時間を「朝のスキンケア」と「夜のスキンケア」のあとと決め、サッと出してサッと仕舞えるよう付属の袋に入れて保管することにしました。

それでもたまに何日かサボってしまいましたが、5ヶ月経過した今とPAOを始める前と比べると、左側だけふっくらしていた頬がすっきりシャープになり、フェイスラインが左右バランスよく整ってきました。

ほうれい線は、スキンケアで保湿して肌を整えながらPAOで表情筋を鍛えることで随分薄くなり、鏡をみると少し若返ったように見えます♪

他の方の口コミやレビューを見ると、毎日ちゃんと「1回30秒1日2回」のペースで続けている方は、もっと短期間で結果を出しておられますが、私のようにたまに忘れても続けてさえいれば必ず結果は出すことができます。

まだ1番重いピンクゴールドのレベルまで達していませんが、その分「まだまだ伸び代がある」という事なので、これからが楽しみです。

Pocket